床框の取り付け

床脇へ床框を取り付けます。
ます取り付ける框の一部を使って床柱にしるしを付けます。
こちらも取り付けた際にピッタリと収まるように
カッターを使用して形どります。

P1010578.jpg




次にしるし部分を鑿を使って掘っていきます。
最初にカッターのしるしに沿って柱に傷がつかないよう
少し鑿で削りとっていきます。
周囲を取り除いた後は、普通にほぞ穴を掘る感じで掘っていきます。

P1010579.jpg



床框をほぞ穴と同じ形で切断し
差し込んでいきます。
変形した丸太ですがピッタリと収まりました。
P1010580.jpg



向かって右がわの壁に当たって収まる部分です。
床框の横についてる部材は框束です。
溝の所に壁材が差し込まれます。
この部材をつけると収まりが良くなります。
框と同じ寸法位突き出してあります。
P1010581.jpg



出来上がりはこんな感じです。
中は畳敷きになります。

P1010582.jpg
スポンサーサイト

床の間、床柱

床柱
とりあえず仮に立て曲がり具合などを検討し
良い感じの位置を決め仮に固定します。
次に鉛筆&カッターにて印を付けます。
今回は結構隙間が空いていたので9ミリベニヤを定規にし
カッターで印を付けました。

P1010558.jpg




カッターで印をした部分を鑿を使って
丁寧に欠いていきます。

P1010556.jpg


下から見るとこんな形です。
P1010557.jpg





続いて欠き残しの部分と同じホゾ穴を床板に
開けていきます。
P1010559.jpg
丸く開けると柱が動いてしまいますので
直線と角が出るようにします。
切残した部分と同じ形です
P1010560.jpg




一度仮に立てて隙間がないか確認
その際に天井の入る部分も印をつけます。
再び取り外し今度は天井が入る部分も切欠いて
いきます。
P1010569.jpg




すべての加工が終了したら床柱を立てます。
隙間なくぴったりに立ちました。

P1010562.jpg

レーザーで立ち具合を確認して完了です。

P1010563.jpg


プロフィール

きくはら工務店・ブログ

Author:きくはら工務店・ブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスありがとうございます。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
6871位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
創作日記
339位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
ランキング、クリックお願いします