fc2ブログ

自分でできるリフォーム

だれにでも出来る家屋の修繕
家の中で特に壊れやすい痛みやすいカ所の治し方
取り替え方を教えます。

知識はとくに必要ありません。
必要なのは少しの道具と観察力です。
治したい物体をよーく観察することでその物の構造が
分かってきますので、あとは順序よく作業を進めるだけです。


1建具のドアノブを交換する

木製のドアについているドアノブの取り替え方

初めに、新しいドアノブを購入する前の確認事項です。
ドアの先端からノブ中心までを図ります。

画像のドアノブは中心まで60㎜だとわかります。

これはバックセット60㎜のドアノブという事です。

KIMG0004 (2)

購入する際は木製建具用の丸いドアノブで
バックセットが同じ物(今回の場合は60㎜)
を購入します。

購入し準備ができたら、それではドアノブを交換する手順です。

用意する道具
★先のとがった釘か同等の物
★プラス、マイナスのドライバー

もしかすると必要な物
★カッター、鑿

初めに取り外し方
ドアノブの首にあたる部分を見てください。
小さな穴が開いていると思います。

KIMG0013_20140412140911d71.jpg

その小穴へ釘など先のとがった物を差し込みます。
少し強めに押し

KIMG0016_201404121409124f4.jpg

押したままの状態でもう片方の手でノブを引っぱって抜きます。
(この作業が意外と難関で、釘をさすポイントがずれていると
なかなか外れません。)
頑張って挑戦してください。

KIMG0018.jpg


この作業を突破すればあとは簡単です。

外したノブのカバーをマイナスドライバーで引っかけ
はずします。

KIMG0022.jpg

するとビスが2本見えますのでそのビスをプラスドライバーでゆるめはずします。

KIMG0024.jpg

KIMG0027.jpg



そうすると反対側のドアノブが外れますので引っこ抜いてください。
(この時要観察、ノブを引っこ抜くときラッチとノブがどう接続されているか反対側から観察してください。)

KIMG0028.jpg

どうでしょうか仕組みがわかりましたか。
画像では確認しづらいので実際に見て確認してください。

KIMG0029.jpg



最後にラッチ部分のビスを外しラッチを外します。

KIMG0033.jpg

ラッチを外すとすべて取り外し完了です。

KIMG0040.jpg

あとは買ってきたドアノブを今の作業を逆に進行すれば良いだけです。

ラッチの取り付けから順にさかのぼって作業してください。
ラッチの淵が大きくて収まらない場合はカッターや鑿を使って木を削ってください。



★次回は網戸の貼り替え方
スポンサーサイト



タンスからクローゼットへ作り変え

うるま市石川のH様邸
作り付けのタンスを壊しクローゼットへ変更するリフォームです。
こちらのタンスは奥行が60センチで作られていたので裏側に20センチ
ほどのデッドスペースがありました。

今回取り壊したことで裏のスペースも有効活用することができます。


KIMG0004(1).jpg


奥行80センチほどになったクローゼットの内部空間

KIMG0086.jpg

扉をつけて完成です。掘り込みの取っ手になっていますので
出っ張りもなくスッキリとした感じに仕上がってます。

KIMG0118.jpg




コチラは台所の床です。
昔のフロアー材(ベニヤ制の床)を使った床で耐用年数が過ぎ
所々でプカプカになって張替え時期です。

KIMG0002(1)_20140410103310c3f.jpg

いったんすべて剥がし今回使用した材料は
チークのフローリング材です。耐用年数も長く(半永久的)にもつ
床材です。

KIMG0089.jpg
プロフィール

きくはら工務店・ブログ

Author:きくはら工務店・ブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスありがとうございます。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
4373位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
創作日記
218位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
ランキング、クリックお願いします