fc2ブログ

沖縄の仏壇・造り方5

まず下の引き出し部分から制作します。
桐の集成材を使い単純に4方、四角に造ります。
引き出しが硬くならないように少し幅を小さめにします。凡2ミリ位
小さすぎるとガタツキが出ますので注意!
今回、底板を2尺幅の化粧ベニヤを使用しますので
奥行きは約600㎜です。

P1010635.jpg



6ヵ所分造り終えたら、それぞれ収めてみます。
ガタツキがないか正面の面は平になるか確認します。
異常があればこの時点で修正し、正しく収まるように調整します。

P1010636.jpg




調整が済んだら引き出しを取り出し
鏡板を取り付けます。
引き出し正面の化粧仕上げ部分です。
材料は24㎜厚のヒバ材を使います。
木工ボンド付け内側から仕上げ釘止めにします。

P1010638.jpg




次に引き出しの下側に溝を掘ります。
この溝に指を掛けて引き出せるようにします。
簡単な方法ですがシンプルで正面から見えないので
綺麗に仕上がります。

P1010640.jpg



6ヵ所すべて終えたら引き出しを収めて調整します。
両サイドの隙間と真ん中の隙間がすべて同じくらいになるように
鉋を使い調整します。

P1010637.jpg

P1010641.jpg




次にお供え物用のスライド引き出しを造ります。
今回は24㎜のランバーコア合板を使いました。
所定の長さ幅でカットし収めてみます。
下の引き出し同様、ここでガタツキ具合、正面の面合わせなどを調整します。

P1010643.jpg



調整が終えたら前框を付けます。さらにランバーの表面にメラミンを貼り付けました
サイドも同じようにメラミンを貼ってあります。
本体側には下と両サイドに敷居スベリを予め取り付けてありますので
スムーズにスライドします。

P1010645.jpg



こちらが完成です。
仏壇、下部の引き出し部分完成です。

P1010644.jpg




さらにこの時点で仏壇の内部スライド引き出しの上部に杉板を貼ります。
12mmのベニヤを捨て貼りし、その上に杉板を貼ってあります。
上部仏壇本体の底板になる部分です。
お線香など仏具関係を収めるスペースです。

P1010647.jpg
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

きくはら工務店・ブログ

Author:きくはら工務店・ブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスありがとうございます。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
2825位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
創作日記
132位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
ランキング、クリックお願いします